実家から妻が戻ってくる

お正月、終わっちゃいましたね。

世の中のママ様方は、実家に帰って少しでもゆっくり出来ましたでしょうか?

たまには実家のお母さんに子供の面倒をみてもらって、一人で美容院にでも行ける時間ができると少しは気分転換になるのでしょうけど。

かと言って、実家に帰ったら帰ったで

ご家庭によっては親戚どうしの集まりがあったり、そこに参加せねばならず料理の用意や何やらで、いつもよりガックリと疲れてしまったり。

ママ様方も、色々なお正月をお過ごしされたと思いますが、

また今日から日常の始まりですね。

息抜きをしながら、また頑張っていきましょう。

と、ウチの妻は昨夜、実家から

帰ってきました。

数日間の独身気分の生活は、終わりました。

これはこれで好きなんですけどね。

私が仕事から帰ってくると、

妻が録画してあった「紅白」をリビングで見ていました。

私は先日のブログで、紅白に出ていた「椎名林檎」さんを見て

その変わらぬ美しさに久しぶりに感動してしまったのですが、私は紅白が予約録画されているとは知りませんでした。

そう、あれだけ「着物にエレキ」が似合う女性はなかなかいないよね、

と相手と話していました。

nippon

※引用元・音楽がないと生きていけない系ヲタがまとめてみた

そんな林檎さんが歌う「NIPPON」をもう一度聞きたいとちょうど思っていたので、

また、

20代の時から見ていた林檎さんが、今や36歳になって

その美貌をパソコンの動画ではなく、大画面のクオリティで、私も同じ30代ならではの視点でもう一度見たいと思っていました。

なので、心の中で

「妻よ、いい仕事したぞ・・・」

と褒めたたえていました。

妻に、実家での話を少し聞き、妻の見ている紅白を私も見ようとしたところ

妻は録画した紅白の編集作業をしているようでした。

「俺も仕事から帰ったら紅白やってたから、見てたんだよね。」

画面には中島みゆきさんが出ていました。

妻が、

「やっぱり中島みゆきは良いから、残してるんだ。」

と言いました。

「SMAPも新曲とか歌ってたね。」

妻は、

「あ、そこはカットした。」

おや?

ひょっとして・・・

「椎名林檎も、やっぱり若かったよね。」

妻は、

「そこもカットしちゃった。」

「あ、けっこう昔ファンだったっけ?」

いやー、期待通りの答えでしたね(涙)

さて、また一週間頑張りましょう。