ボーッと生きてる大人はドキッ!とする「チコちゃんに叱られる」

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

今朝、起きぬけに下の娘からこんな質問をされました。

娘「パパ、(あした)と(あす)の違いって何??」

 

・・・はぁ??

不倫パパ「それは言い方のちがいで、どっちも次の日って意味だよ。」

きっと小学校で明日を(あす)と読むのを勉強したんだなと、何の疑問もなく答えました。

すると娘は待ってました!とばかりにドヤ顔で・・・

 

娘「ボーっと生きてんじゃねーよ!!!」

えええ??何なに??!!

・・・アナタだったら娘さんにそう聞かれたらどんなふうに答えますか?

 

大人が勉強になるマンガ「チコちゃんに叱られる」単行本二巻

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

この決めゼリフは小学生のお子様がいらっしゃらない方はご存じないかもしれませんが、「チコちゃんに叱られる」のチコちゃんが大人を叱る時の言葉です。

下の娘はチコちゃんにドハマり中で、単行本でチコちゃんが大人に問いかける質問を私のスキを見てぶつけてきます。

ちなみの冒頭の「あした」と「あす」の違いは皆様お分かりになりますでしょうか?

「あした」・・・次の日の朝のこと

「あす」・・・次の日の一日全体のこと

 

不倫パパ。もうアラフォーです。

今までボーっと生きておりました(涙)

え??それじゃあ今まで生きてきて何気なく聞いていた「あの歌」って本当はこんな意味だったのか!!とようやく気づいたことがあるのです。

 

「明日」を含むタイトルの曲

「明日」を(あす)と読むか(あした)と読むかで、その歌の意味も大きく変わりますよね?

例えばですが、私なんかの世代には「あいのり」の主題歌としてこれを聞くとちょっぴり気持ちが甘酸っぱくなるこの曲。

川嶋あいさんの「明日への扉」は(あす)です。

なんか若い時を思い出しますね・・・。(あす)なので、次の日から未来へと続くような希望に溢れる気持ちになります。いつ聞いても良い曲です。

 

で、

こちらは国民的な名曲、坂本九さんから色々な方がカバーして歌っています。


「明日があるさ」は(あした)ですよね。

正しくは「明日の朝があるさ」という意味ですよね?

今まで私は(あす)があるというような「今日がダメでも次の日があるさ!」みたいな意味で捉えていましたが、本当は「明日の朝」という時間が限定されている言葉だったんです。

そう考えると、

色々イヤなことがあったとしても、明日の朝になったら忘れてるから大丈夫だって!!

というのが「明日があるさ」の本当の意味だったのかと、アラフォーの今になってようやく分かりました。

ちゃんと日本語の意味を知っていないと、本当の伝えたいことが分からないものです・・・。よく思い出してみるとニュースで言っているのは「それでは、あすの天気です。」みたいに「あしたの天気」とは言ってないですもんね。

 

そんなことを気付かせてくれる「チコちゃんに叱られる」。

是非オトナの皆様方にもオススメします(^^♪

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

苦しいだけの不倫を続けていませんか?

今の不倫に「疲れた」と感じる女性へ。私は不倫経験者として、その当時の私と同じように苦しいと感じている方にどうしてもお伝えしたいことがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です