不倫男の「妻の両親」は、熟年離婚寸前だったというお話。

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

興味はないと思いますが、私は妻は交際期間が長く、10年くらい付き合った末に結婚しました。はっきり何年か?なんて男はあまり覚えていないものです。

ですので妻の両親の事もよく知ってます。帰りが遅くなって車で送った時などは、お義母さんに怒られていましたね・・・。その妻の両親は、私たちが付き合っていた頃から「仲は良くなかった」話しか聞きませんでした。

 

お義父さんが女好きで不倫をしているから?

いえ、真逆のタイプなんです。無口で消極的で社交性があまり無く、極めつけはお風呂が嫌いなのでなんとなく臭い。

…あまり悪く書くのは忍びないのですが、お風呂に入らないのは人としてのエチケットが欠けていると言わざるを得ません。

しかし私は、そんなお義父さんをとても尊敬しています。

 

ちなみに、

私がいつも羨ましく思うのは「同じ趣味を共有している夫婦」です。

お義父さんは若い頃から、唯一「登山」が趣味でした。

お義母さんは「登山グッズ」に高いお金をかけるお義父さんをあまり良く思っていませんでした。でも自分だけの登山の世界を持つお義父さんに対しては昔から諦めていて、一度もその世界に近づこうとはしませんでした。

私たちが結婚して数年した頃でしょうか。お義母さんは何気なく、お義父さんが登山で撮ってきた「山頂からの写真」を年賀状に使ってみたそうです。

その年賀状を、お義母さんは自分の友人にも出しました。

 

すると友達から連絡があり、その写真の美しさを絶賛されたそうです。

「今度一緒に登山に連れて行ってほしいわ!」とまで言われたそうです。

お義母さんは「そうか。お父さんに頼めば私もそういう事ができるんだ。」とその時初めて気づいたそうです。それがお義母さんの登山を始めたきっかけでした。

 

そう、今では二人であちこちの山に登りに行っては帰りに私たちの家に寄って山菜やらなんやら持ってきてくれて、サッサと帰ってしまいます。

まあ、孫の顔見たさでしょうけど(笑)

けっこうハードな山にも挑戦したらしく怖いハプニングもあったようです・・・。でもそれもまた二人にとって忘れられない思い出だそうで、今では「死ぬまで登山を続けたい」とまで言っています。

もちろん、二人で口をそろえて。

 

「でも熟年離婚寸前だったんだよ(笑)」と今では笑い話で妻が話してます。

夫婦といっても、もともと他人ですから個性も好みも違います。当然、趣味くらいは夫ではなく一人で、または仲間と一緒に楽しみたいと思う方もいらっしゃると思います。

でも私は、夫婦で同じ趣味を楽しむことは特別な意味があるように感じます。

 

同じ趣味を選ぶこと自体が「相手に対する尊敬の表れ」であり、教えることも教えられる事も愛情表現である。妻の両親を見ていてそのように感じました。

 

今のところ私達夫婦は共通の趣味は・・・ありません。とくに探す気もありませんが。

何か良いものがあれば、どなたか是非教えて頂きたいものです。

本日もご閲覧ありがとうございました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

苦しいだけの不倫を続けていませんか?

今の不倫に「疲れた」と感じる女性へ。私は不倫経験者として、その当時の私と同じように苦しいと感じている方にどうしてもお伝えしたいことがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です