不倫男が「復讐」を誓った日

 

私事で、

 

本当に恐縮なのですが・・・

私は数日前から、ある男への

 

「復讐」を誓いました。

私の

 

「大事な女性」の心を奪った

 

男への復讐です。

 

先ほども、その復讐のための準備を

 

着々と進めておりました。

きっと長い月日がかかるとは思いますが、

 

私は絶対に復讐を叶えます。

 

 

 

私が「復讐鬼」になった理由ですが・・・

 

 

先日の休日に子供と公園に行って

「シャボン玉」遊びをしてきました。

 

娘たちはシャボン玉が好きで、部屋の中でもやりたがりますが

「床がベトベトになるでしょ!」

と、ごもっともな妻のお叱りに(笑)、私と一緒にベランダでやるか

一緒にお風呂に入ったときぐらいしかできません。

 

ですので、広い公園に行って思い切りシャボン玉を飛ばすのは

娘二人とも、大好きなのです。

 

で、休日に少し離れた公園に車で行き

ピストル型の小さい泡がいっぱいでるやつと、

剣のような長い大きな泡がでるやつを、私は「ジャーン!」と得意げに出し

「おっきいの作ろうぜ!」

と大喜びの子供と三人で行きました。

 

 

・・・妻は?というと

最近美容院に全然行けていないとの事だったので、

このチャンスに行ってゆっくりコーヒーでも飲んできな!と

ちょっと良きパパを気取ってみました(笑)

 

 

 

で、公園について

まずはアスレチックがやりたいとの事だったので、

アスレチックで遊んで、お昼ご飯を食べて

それからシャボン玉で遊んで帰ろうかと、

メインディッシュを最後に綿密な計画を立てました。

 

・・・・

 

 

 

ひとしきりいつもの通りアスレチックで遊び、

「おなかへった~」と、

その公園でお花畑が見渡せる絶景スポットで、三人でコンビニで買った

お弁当を食べていました。

 

もちろん、妻には

「お弁当作るのも大変だろうから、買って食べるから大丈夫!」

とポイント稼ぎが狙いですけどね。

 

 

で、サンドイッチをパクついていたら、

どこからともなく

「シャボン玉」

がふわふわ飛んできました。

 

 

「だれかシャボン玉やってるね!」

と周りを見てみたら、花壇の中央の踊場で数人の子供に囲まれて

一人のおじさんが、どうやらシャボン玉をしていました。

 

数人の子供たちは「すごーい!」「おっきいー!」と

感嘆の声をあげていました。

 

blog_import_54591291444b0

 

そう、上の画像のような

「シャボン玉おじさん」が、色々とシャボン玉技を繰り出していたのです。

 

娘たちに視線をやると、

ポカーンと

その妙技に見とれていました。

 

 

そして

「パパ!近くで見に行こう!」

と上の娘の目はキラキラに輝き、サンドイッチもそうそうに

シャボン玉おじさんのもとへ、走っていきました・・・

 

そして

下の娘も、後を追うように走っていきました・・・

 

そう、二人とも私を置いて・・・

 

 

その後お待ちかねの、私たちのシャボン玉遊び。

 

子供たちはピストル型のシャボン玉でキャッキャ言って楽しそうに遊んでます。

 

私が自信満々に用意していた、剣型のシャボン玉ですが

あんなシャボン玉おじさんの神業を見せつけられた後では・・・

「パパのシャボン玉、さっきのおじさんのより小っちゃいね」

・・・完敗です。

 

 

私は帰って早々に、

「シャボン玉 技」と検索して、シャボン玉に関して色々と調べました。

 

「割れにくいシャボン玉」というのがあり、

よく人がすっぽり入ってしまうようなシャボン玉は

シャボン玉「液」に秘密があったのですね!

 

 

そう、シャボン玉をやるとなかなかシャボン玉がでなかったり

風が強く吹くと、すぐ割れてしまいますよね。

 

割れないシャボン玉液を作るのには、100円ショップで売っているようなものではなく

どうやら特殊な成分を調合すれば作成できる事を

この年になって、初めて知りました・・・。

 

で、仕事帰りではスーパーが閉まっているので、

仕事中にこのようなものを買い揃えてきました(笑)

blog_import_5459129205035

 

割れないシャボン玉を作るためのレシピは

「せんたく糊」や「グリセリン」というのが必要らしく。

 

せんたく糊もネットのレシピで書いてあったPVAという成分を、

またグリセリンも通常のだと85%前後ですが

「濃グリセリン」という効果が高そうなものを探しました。

 

粘り気のある割れにくいシャボン玉ができるらしいですね。

 

あとグラニュー糖など、それは台所からちょいと借りるとして。

そして水と洗剤。

水も精製水などの不純物なはいっていないもののほうが良いらしく、

なければ一度沸騰してからの水を使えばまあ良いと書いてありました。

 

洗剤は、水と洗剤を均一に保つために、界面活性剤が40%以上のものが良いらしく

おすすめは「チャーミー泡の力」というのが書いてありましたが

売ってませんでした。

 

で、第三の洗剤として販売しているタイプを見てみたら、

ジェルボールタイプは洗剤が二倍に濃縮されており

界面活性剤が、66%!!

これだろう!とガッツポーズしてましたね。

 

 

 

ということで、

割れない大きなシャボン玉を作るための、

準備は整いました。

 

 

そう、すべては娘たちのまなざしを独り占めにした、あの

「シャボン玉おじさん」への

 

リベンジのため!(笑)

 

 

 

きっとこんなんじゃ、

娘たちが大人になって、彼氏なんて連れてきた日にゃ・・・(涙)

 

もっと子離れしないといけませんね。

 

というわけで、今後もシャボン玉については

勝手ながらご報告したいと思っています。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

苦しいだけの不倫を続けていませんか?

今の不倫に「疲れた」と感じる女性へ。私は不倫経験者として、その当時の私と同じように苦しいと感じている方にどうしてもお伝えしたいことがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です