不倫親が「子供を育てる資格」はあるのか?

Sponsored Link

不倫中、浮気中、婚外恋愛中の皆様こんばんは。
不倫パパです。

 

 

 

不倫をされている方は既婚者ですから、
小さいお子様がいる方も多いと思います。

 

私も娘を持つ父親です。

 

 

不倫をする親には
「子供を育てる資格」は無いでしょうか?

 

 

例えば、不倫が発覚して自分の配偶者や家族からそのような言葉を言われるとしても
もっともだと思います。

 

なぜなら、子供は親の背中を見て育つでしょうから。

 

私のような、不倫をした一人の男の場合、

私の子供も、もちろん私と同じような愚かな行為をしてほしくはないです。

 

誰だって苦しさや辛さからは逃げて
心の安らぎを求めたいと思うでしょう。

 

しかしその時点で、私は自分自身に負けたのだと思っています。

 

 

結婚していても好きな人ができることがあるのは
人間だから当然です。

 

でも、好きだからといって一線を越える前に、
子供の顔が浮かばないかった私は、

父親失格でしょう。

 

 

自分が親である前に「男」を選んだのですから。

私は不倫相手への愛情と、子供への愛情は

全く別物であると思っていました。

 

 

しかし、子供への愛情があるからこそ、あると思っているからこそ
どんなに辛くても不倫に逃げるようなことはしてはいけなかった。

 

不倫と子供への愛情は別物ではありません。

 

そもそもたいした不満じゃない私のわがままです。

 

 

普通の夫婦は、そんなわがままなど当たり前に我慢して、
小さな幸せを守ることに全力を尽くしてるわけです。

 

「普通」という基準は人それぞれだと思いますが、
子供を第一に考えて、子どもの利益を最優先で考える事が
「人の親」としての普通だと思います。

 

ですから私のような、不倫をする親には
「子供を育てる資格」は無いのだと感じてます。

以前の記事で、
①W不倫をやめる心理について

W不倫は、犯罪者の「共犯者」の心理に近いと書いたことがあります。

 

 

 

不倫が犯罪、前科とするならば、
前科というのは本人さえ黙っていれば誰にも分からず、また、ばれもしないのです。

 

警察関係者のみ知る情報です。

 

刑期を終えた受刑者の人でも、前科のあるなしに関わらず
普通に働いて普通に生活されているでしょう。

履歴書などに「賞罰」という欄がある場合、そこには本来前科を書かねばなりません。
犯罪者名簿には前科がある方は名前が載っています。

 

 

もちろんこのブログをたまたま見た方も、以前から見て頂いている方も
不倫をした親が子供を育てる資格は無いと思うでしょう。

 

 

私はもちろん、誰にも前科を言う事なく

出来る限りの愛情をかけて子育てをしていきます。

そこに資格はなくても、責任はあると思っています。

 

それが、私のような父親であっても、母親であったとしても

きっと同じでしょう。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です