不倫は「幻想」だと気付いた・・・失恋ショコラティエ最終回感想

不倫中、浮気中、婚外恋愛中の皆様こんばんは。
不倫パパです。

 

つい先ほどですが、先日録画しておいた月9のドラマ
「失恋ショコラティエ」の最終回を見ました。

blog_import_54591234b69e8

 

以前の記事でも書きましたが、実際の映像として見るのは今回が初めてで・・・
と、そんな事はどうでもいいですね(笑)

 

私が気になったのは
ドラマとしての見所は色々とあるのだと思いますが、月9という枠で
「不倫」というタブーをどのように扱うのか?
どのような答えにするのか?でした。

「失恋ショコラティエ」、ドラマを見ない方にはどうでもいい記事だと思いますが・・・
ドラマの内容を20秒でお伝えしますと、

 

爽太(松本潤さん)は、高校時代に一目ぼれして以来、1歳年上の紗絵子(石原さ
とみさん)を一途に思い続けてショコラティエになり有名になるが、紗絵子は結婚していた。

それでも二人は不倫をして結ばれる。

しかし紗絵子は旦那さんの子供を妊娠しており、
「妊娠が分かって、動揺しなかったの。
だから、吉岡さん(旦那さん)との家での生活が現実で、爽太くんとの生活は幻想だって気づいたの。
爽太くんも、私の幻想に恋してたんじゃないの?
帰るべき場所があるんでしょ?…帰らなきゃ」

と結ばれず、紗絵子は旦那さんを選び、爽太はショコラティエの道を選ぶ・・・。

 

 

大変失礼なまとめ方ですが(涙)
ドラマに興味のある方は、アメブロで「失恋ショコラティエ」ネタバレで検索すると詳細な内容のブログが見つかると思います。

ちなみに私が月9のドラマをよく見ていたのは、10代後半から20代前半くらいだったでしょうか。
若い人の視聴率の多いこの枠で、不倫や浮気というタブー、歪んだ恋愛を扱った意欲的なドラマと感じました。

紗絵子が、爽太との不倫生活は「幻想だと気付いた」と言っています。
妊娠に動揺しない紗絵子のとった行動は、あくまで家庭を壊すつもりの無い「割り切り」が前提の不倫です。
女性って、母になったとたん変われるものなのだと感じました。

 

 

そして爽太が言う「抱いた時に失っていた」
不倫の関係になったとたん、愛を失い妄想も想像力も沸かなくなったと、爽太自身が解釈しています。

 

旦那さんの子どもを妊娠したのであれば、冷静な判断のつく人は帰るべき場所に帰ろうと思うでしょう。
既婚者ならば誰もが選択する道だと思います。

紗絵子さんは妖精さんではなく、結局ただの現実的な女性でした。

 

しかし爽太にとって、
たとえ不倫が幻想だったとしても
心を奪われる人に出逢える事 、片想いだったとしても自分を高めてくれた事
そんな経験は誰しもができる事じゃないと思います。

 

 

・・・不倫の不貞行為まで踏み込んだ点に関しては
結果として、うやむやに終わってしまったかなという感想です。

いえ、私の解釈が浅いだけなのかもしれません。
人それぞれで物事に対する捉え方・解釈が様々であって然るべきです。

月9でこんな不倫話が許されますか?
キャスティングも中身も全く良くない
見るだけ時間の無駄だった

「失恋ショコラティエ」のドラマ最終回の感想を探すと、いくつものサイトで何千件ものコメントが出るほどの物凄い反響です。

 

その中で多いのが、
「共感できない」という言葉。

 

 

私はドラマでも映画でも本でも選ぶ時に
共感できるか、出来ないか
で判断した事がないので、共感出来ない事に怒りを表わにしている方のコメントの気持ちが全く理解できません。

それはブログという媒体においても同様に感じます。

 

 

 

「失恋ショコラティエ」、ドラマ全11話の平均は12.3%だそうですね。

2014年の冬ドラマ(1月期)視聴率ランキングでは、
25タイトル中の5位。

ドラマの視聴率、ブログだとPV数といったところでしょうか。

物事には賛成意見があれば、必ず反対意見が出てきます。
しかし結果が全てです。

 

 

私はこの「失恋ショコラティエ」というドラマを見て、良い時間を過ごせたと思っています。

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

苦しいだけの不倫を続けていませんか?

今の不倫に「疲れた」と感じる女性へ。私は不倫経験者として、その当時の私と同じように苦しいと感じている方にどうしてもお伝えしたいことがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です