「卒婚とは?」清水アキラさんのブログを見て

Sponsored Link

不倫中、浮気中、婚外恋愛中の皆様こんばんは。
不倫パパです。

 

 

私は「卒婚」という言葉を知らなかったのですが、
最近の清水アキラさんのブログで卒婚が話題となったことからこの新語を知りました。

 

 

卒婚については詳しく書かれたサイトを見たのですが、
「新しい熟年夫婦スタイル」
http://sotukon.seesaa.net/
※以下サイトより引用

 

要約しますと

『意味はざっくり言えば「結婚からの卒業」。
子供が独立した熟年夫婦が結婚という形を持続しながら
自由に自分の人生を楽しむポジティブなライフスタイル。』

 

 

 

清水アキラさんのブログを見て、
ご自身で長野県のご自宅をリフォームしたり、「あれこれイジるのが好きなんですよ」と言う清水アキラさんと

「子供が手を離れたなら、特に女性は卒婚という考えもありだと思います」という妻のめぐみさんの、
お互い納得の上での選択だそうです。

 

色々な夫婦の形があると思います。

 

言葉はどうであれそのような形で法律上の婚姻を続けるけるのも、
お互い納得の上なら良いのかもしれませんね。

 

「夫婦関係の根底に信頼関係がある」というのが卒婚の条件だそうですが、

自由に好きな事を楽しむ、
そう言われると私のような愚か者は不倫を楽しもうと考えるでしょう。

 

 

しかし正式に離婚しているわけでもないので、

まさに飼い殺し状態です。

 

そして子供が手を離れたころの年齢で、そこまでのバイタリティがあるのかどうかもわかりません。

馬鹿なので、熟年離婚と卒婚の違いがいまいち理解できてないようですが・・・

 

なんとなく
「熟年離婚」と「卒婚」
「不倫」と「婚外恋愛」

以前のコメントでも頂いた、美化した言い方なだけのような気もします。

 

 

自分勝手な自由気ままなライフスタイルは卒婚の最大のメリットだと思いますが、
デメリットとしては

経済的にそこまで家計に余裕があるか
配偶者として看病、介護をどうやっていくのか

実際問題として、生活費が二倍になるので資金面に余裕のない人は不可能です。

 

 

そして、老後が寂しいから結婚したいと思っている人も多いと思いますので
よほどやりたい事がない人以外は選択しない方法かもしれません。

 

 

ただ私が感じる一番の問題点は、

子供が実家に帰るときに、どっちに行ったらいいのか分からなくなるでしょう。

 

お正月に帰省しましたが、私の実家と妻の実家、
二ヶ所でも大変なのにこれ以上増えてほしくないですね・・・。

 

 

子供が成長して、
同じようにお正月やお盆に実家へ帰り、ちょっとのんびりする。

そういう家は残しておいてやりたいと思います。

 

 

本日もご閲覧、ありがとうございました。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です