壇蜜さんの「不倫のドラマ・悪夢の六号室」と「女性ウケ」について

Sponsored Link

不倫中、浮気中、婚外恋愛中の皆様こんばんは。
不倫パパです。

 

 

最近、壇蜜さんが女性にも支持されているそうですね。

blog_import_545911fa741f9

 

 

男性人気に関しては、過激なエ/ロ/スや過激なセクシートーク、
アイドルにはない大人の女性の魅力が
「世の男性をハァハァさせたい」と
言っている壇蜜さんの魅力にハマッているのでしょう。

 

 

そんな壇蜜さんが27日に、関西ローカル番組・ABC朝日放送の
『悪夢の六号室』
というドラマで初主演されました。

 

壇蜜さんは、旦那の不倫が許せず「夫のア/ソ/コをちょん切ってくれ」
と夫殺しを殺し屋に依頼する妻の役柄で、
ラストは大どんでん返しに驚愕するドラマだそうです。

 

 

 

水着や裸に近くなれば男性人気で一時的には売れると思いますが、
ただそれだけで壇蜜さんがブレイクしているわけではないですよね。

 

大ヒットドラマ・半沢直樹の出演もはたした壇蜜さんの人気には
徐々に出てきた「女性ウケ」の後押しがあるのだと感じます。

 

 

そして若い女性というよりは、むしろ「大人の女性」からの支持率が
高いような気がします。

 

個人的なイメージとしては、
出てきた頃の壇蜜さんは、むしろ大人の女性からは反感を買いかねない
ような売り出し方だと思いました。

 

 

しかし様々なトーク番組から、言葉遣いも丁寧でサービス精神があり
礼儀正しい面々が徐々に知られ、卑猥な発言の中にも教養を感じる内容。

日本舞踊の師範でもあり、英語教員免許や調理師免許までもっている才女
というギャップ。

 

そして綺麗な肌やプロポーションは単純に女性でも憧れると思います。

 

 

知性から溢れる、「気品のあるエ/ロ/ス」とでも言いましょうか。

私も最初の壇蜜さんの印象と今の印象とは、だいぶ変わりました。

 

ちなみに、同性ウケしない女性というのは、男に媚びていてぶりっこ
している女性でしょう。

男性側から見れば、例えばファッションにしろ「可愛らしさ」
「女らしさ」を感じるもののほうが好むと思います。

 

 

スカートにキラキラのリップ、

若い子の雑誌には「愛されメイク」とか「モテファッション」といった
可愛らしさ、女の子っぽさ。

 

男性ウケは良いのかもしれませんね。

 

 

男の褒めるファッションは所詮、

わかりやすい「女らしさ」です。

きっと男に褒められるファッションは簡単でしょう。

 

 

ファッションに限らず、男ウケを目指して得るものと、同性ウケを
目指して得るものとでは、リスクもあると思います。

 

「女性に嫌われることを覚悟の上でこの業界にいる訳ですから、
うれしい誤算です」

と壇蜜さんはいたって謙虚なのがまた凄いですね。

 

 

壇蜜さんは「知性的で、男性に媚びてない」ところ。

そこが色々と経験を積んだ大人の女性から支持される理由だと
感じます。

 

・・・書きたい事を書いていたら、私のどうでもいい不倫の話は
書きそびれてしまいました(笑)

 

 

興味のある方は、また是非覗いてみてください。

 

 

本日もご閲覧、ありがとうございました。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です