②「かぐや姫の罪って不倫?」ジブリ映画・かぐや姫の物語のネタバレではありません(笑)

Sponsored Link

不倫中、浮気中、婚外恋愛中の皆様こんばんは。
不倫パパです。

 

 

それでは、かぐや姫の犯した「罪」に関してですが、

原作では「罪を犯せるにより」とだけあり、具体的にどのような
罪だったかの説明は全くありません。

 

 

とても気になるその罪とは、

かぐや姫は月で不倫の罪を犯した「不倫説」があります。

 

かぐや姫が犯した罪とは

引用元・教えて!Gooより
こちらの場では、不倫という言葉はあまり使われていませんが。
その解釈も様々ですね・・・。

 

 

 

私の感想も含めた見解としては、

かぐや姫が月で不倫をして、地球という「流刑地」で過ごして
償うという点で解釈していきます。

 

「竹取物語」が存在した時期として有力な平安時代。

 

この時代の読み物として竹取物語が流通していたならば、読者層としては
裕福な女性貴族の方々でしょう。

 

 

同様に多く読まれていた物語として「源氏物語」がありますが、

その中でも、女性の罪としてもっともポピュラーなのは「不倫」。

 

「源氏物語」では主人公の平安一のイケメン光源氏は25歳の時にお兄さんの
奥さんである朧月夜と不倫して、それがバレて須磨へ流される
というくだりがあります。

 

そして須磨から明石に移り住みますが、ここでも現地妻をしっかりゲットし
子供も産ませてしまいます。

 

 

竹取物語の原文には、かぐや姫が不倫をしていたという記述はありませんが、
そのような内容が人気の平安の文芸界だったとしたら、「罪」という事が
わざわざ書かなくても不倫に直結して読者に理解されるのではないで
しょうか。

伊勢物語にも同様に不倫に関する記述も見られますしね。

 

 

また違う見解としては、

罰の流刑地が「人間界」という事は、
罪も同様に「人間」というものに関わる罪ではないでしょうか。

 

 

例えば西遊記でお馴染みの沙悟浄は、宝瓶を割ってしまった罪で
水中に落とされています。

 

そして猪八戒は、天帝の愛人に酒に酔ってしまって手を出した罪で、
かぐや姫同様に人間界に落とされています。

 

 

そう考えると、やはり「不倫」という説もなきにしもあらず

でしょうか。

 

 

ともあれ、神と人が関わり、富士山の名前の由来までが語られるこの物語は、
ただのおとぎ話などではなく

神話クラスの物語なのだと感じます。

 

ジブリの考えるかぐや姫の「罪」とはどのような解釈なのか、とても楽しみです。
多分、劇場には行けませんが・・・

 

 

本日もご閲覧いただき、ありがとうございました。

 

 

Sponsored Link

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です