「女郎蜘蛛」と女性の見た目の印象について

Sponsored Link

不倫中、浮気中、婚外恋愛中の皆様こんばんは。
不倫パパです。

 

 

ブログのテーマとは直接的な関係はないのですが・・・
「女郎蜘蛛」(じょろうぐも)
先日のブログ記事の、不倫の刑罰を書いているときに気になった
言葉です。

 

 

江戸時代の不倫について調べていたところ、ふと出てきたこの
言葉にとても興味を引かれました。

 

 

女郎蜘蛛は、江戸時代の怪談集では美しい女性の姿に化けて
よく男性を誘惑する妖怪として伝えられてきました。

 

本来の女郎蜘蛛も、緑青色と黄色、黒の織り成す美しい縞模様の
個体で、夏から秋にかけて金色に輝く綺麗なクモの糸で大きな巣を
張るもっとも派手で目立つクモです。

女郎蜘蛛は、もともとは「上臈(じょうろう)蜘蛛」という名称だったそうで、
上臈とは身分の高い女官,江戸幕府の大奥の職名でもあるそうです。

 

 

 

現代においては、2007年に谷崎潤一郎の名作「刺青」が
「刺青 堕ちた女郎蜘蛛」で劇場公開されております。

 

不倫の恋に破れた主人公の女性が、背中に彫った女郎蜘蛛の
美しい刺青によって翻弄されていく、男女の運命を描く官能ドラマ
です。

 

 

 

今も昔も、意外に愛されるキャラクターなのですね。

しかし、女郎蜘蛛の「女郎」とは、江戸時代の遊女を指し
吉原における上級遊女である花魁(おいらん)などより格下の
売春婦の古称であるそうです。

 

 

女郎蜘蛛が何故ここまで格付けが落ちてしまったのか。
残念ながら、調べても検索できませんでした。

 

いったい何故なのでしょう・・・。

 

 

美しい女性、いわゆる美人という人は、それだけで男性から
愛されやすい資質を持っていると思います。

 

「美人は得だね~」と、そう言いながらも無理な要望を男性は
喜んで引き受けてしまうのではないでしょうか。

 

それが更に、美人で艶やかで派手な女性ならば、より
多くの男性を自然に引き付けるでしょう。

 

 

 

美しく派手で、男性との交友関係も盛んな女性。
同性からはどのように見えるのでしょうか?

 

私は男なので女性の気持ちは良く分かりませんが、
決して女性ウケは良くないのだと思います。

 

 

 

ちょっと美人だと思って派手なカッコして男を誘惑して
いい気になってちやほやされて
苦労も知らない女
男をとっかえひっかえのただのヤリ○ン

見た目だけで、
「派手な美人」は「ただのヤリ○ン」
というのは極論ですが、
女郎蜘蛛が改名された要因は、女性の力が影響している
部分もあるのではないかと感じました。

 

 

 

昔の武家社会では、女性は身分の差によって、生活が
大きく変わります。

 

 

大奥のような身分の高い女官の生活と、往々にしてあった
妾(めかけ)とでは、同じ女性でも生活レベルは雲泥の差です。

最近の大河ドラマ「八重の桜」で、綾瀬はるかさんが妾役の
人に言っていた、「今は生きぬくことが戦い」
そのような境遇では、女性の貧富の差を疎まずにはいられない
でしょう。

 

いつの時代から、上臈から女郎に変化したのかは定かでは
ありませんが、

自分には無いもの、それが生まれつきの環境や容姿で決まって
いる

今も昔も、人によっての妬みや恨みは、言葉を変えてしまうくらいの
力を持っている可能性があると感じました。

 

 

ちなみに、
艶やかで目立つ女郎蜘蛛ですが、見た目の派手さ、
美しさとは裏腹に、
弱肉強食の厳しい世界で生きていく術を持っています。

 

 

大きく美しい巣は、身を守る為か複雑な三重構造の巧妙な作りに
なっており、
あまり良くない視覚を補うため、巣の糸を時々足で振動させて、
そのエコー振動により獲物がどこに引っかかっているのか調べて
慎重に捕獲します。

 

 

生き抜いていく為の種の進化の努力があったからこそ、昔より
現代までその愛される姿を維持できたのだと思います。

 

悲しいですが、人間は第一印象はすべて見た目です。
最初は外見しか判断材料がないですから、一目惚れなんて
言葉があるのでしょう。

 

カッコよくても可愛くても、不細工でもブスでも
容姿は遺伝ですから仕方ないです。

しかし容姿も内面も、常に自分自身を磨いていく努力こそが
女郎蜘蛛のように時代を生き抜いていく為に必要な事なのでしょう。

 

 

 

本日は、不倫と関係あるようでないような。(笑)
最後までお読み頂き、有難うございました。

 

 

Sponsored Link

4 件のコメント

  • 1. 無題
    確かに第一印象は大事です
    しかし、最初は気にならなくても
    いつの間にかどっぷり好きになるってことも

    ひとめ惚れより、そっちのほうが
    忘れられない存在になってると思います

    自分を磨く
    いい言葉ですね(^-^)

    内面も好きになれば
    二人のキズナは確かなものかな

    そのために、ひたすら自分磨き
    大事だと思います

  • 2. 無題
    不倫だからこそ、誰よりも必要とされるような

    女になろうと努力している今日この頃、

    先ほど8月26日~8月中会えないか、
    メールしました。

    返事は来ないだろうな・・・・・・そういう奴です。

    でも好きなんだよな

  • 3. Re:無題
    >ぱっぴいいいさん

    うちもそうです><
    逢える目処が立たないとそれまでラブラブメールしてても返信こなくなります。

    あやふやな返事で期待させてダメだったらガッカリさせるのが嫌・・という言い分らしいです。
    ぱっぴいいいさんとこもそうかもしれませんよ?!

  • 4. 無題
    私の友人には美人が多いのです。
    ・・・が、逆に真面目だったり・・
    オヤジ化してたり・・・(;´▽`A“

    だから友人でいれるんだけど・・・
    地域性もあるのかもしれないけど・・
    気取らない美人が多いです。

    私自身は・・年齢より若く見られるし・・
    それなりに努力もしてるけど・・
    彼の前になると自信喪失気味・・・。

    美人さん見ると・・「あんなだったらなぁ~~」って思ってしまいます(-。-;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です