【LINEの既読】は不倫に必要ですか?

Sponsored Link

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

皆さま方は、お相手さんとの連絡手段に何を使っていらっしゃいますか?

LINE?

あ、あなたも。

LINE。はい。LINE。

もちろんLINE。

 

そうですか。

 

 

ちなみにLINEの「既読」ってありますよね。

あれって、あったほうがいいですか?ないほうがいいですか?

 

あ、あったほうがいい。

読まれたってわかるから。

あ、生存確認ですか。そんな意味もありますね。

 

 

私は不倫の連絡手段として、個人的にLINEの既読は「全くの無意味」と考えています。

それぞれ皆様方の考え方があると思いますが、一度LINEの「既読機能」が外せるものなら外してお相手さんとの連絡手段に実用できれば、そのほうが絶対いいと思うんですよね。

 

まあ外せませんが(涙)

 

今夜は、ちょっとそのへんの不倫における「既読」について書いてみたいと思います。

 

 

LINEの「既読シンドローム」。

皆さまもLINEを使っていてご経験はあると思いますが、

学生さんの間では、「既読」にもかかわらず返信がない状態を「KS(既読スルー)」と言ったり、更には読まずに放置している「MH(未読放置)」という言葉なんかもあるようで・・・(涙)

 

まあ私達は大人ですから、その人それぞれの状況を考えて既読になったり返信がきたりするものだと思うわけですが。

それでも、どうしても恋愛にどっぷりと浸ってしまうと、相手へのそんな気配り心配りが薄くなってくるものかもしれないと感じます(涙)

 

 

ちなみに、LINEは「既読機能を外さない理由」というのがあるそうで、

あれから3年、“震災生まれ”のLINEが命を救い、スマホが募金プラットフォームに

 

要するに既読表示は、東日本大震災を経験して「安否確認のため」にあると便利ということで付けた機能だそうです。

 

でも、実際に使う側としては

返信がないことへイライラしたり、プレッシャーを感じたりしないために「既読をつけないで読む方法」が日々研究されつつあります・・・。

人によって必要度合いは全く違うということだと思います。

 

 

私は、不倫の恋における連絡手段としては

相手の事に夢中になって、好きだという気持ちでいっぱいになってしまうと、相手の仕事であったり家庭での生活時間を考慮できなかったり、出来たとしてもお相手さんの既読スルーや未読放置に「我慢」をして自爆の火種を作ってしまうこともあるかと思います。

 

そうなってしまうと相手からの連絡を嬉しく思う気持ち以上に、自分の気持ちを読んでもらえたか?伝わったのか?というような

「既読シンドローム」に陥ってしまいます。

 

 

会えない時の二人の気持ちを支え合う手段は「連絡」しかありません。

ですのでLINEなどの「連絡手段」というのは、この恋愛の行く末、運命を支えるような重要なものだと私は考えます。

不倫で「辛い恋」ならする意味がないと私は思っているので、「既読がつかない、既読がまだつかない・・・」と思い悩む要素になるくらいなら

「既読機能」はいらないと思うのです。

 

 

「安否確認」の意味が、この恋愛にいるのか?

生きている、生きていないが必要かというよりは

「愛情の安否」が必要なんだと思います。

 

それを確認するのは既読ではなく、

「おはよう」

「いつもありがとう」

既読でもそのタイミングでもなく、ただお相手さんからの「返事」でしかないのだと思います。

 

 

会えない間の、お相手さんとの「連絡」はとても大事です。

LINEの「既読機能」もそうですが、余計なストレスの原因や危機管理の点やその他色々なことを突き詰めて考えていくと、連絡手段というのはもっとシンプルなものでなければならないと私は考えます。

 

じゃあ、何がいいの?

 

って、それは・・・

ちゃんと私なりに考えてみました。

 

 

私が不倫をしていたら「こんなものがあったら良かったのに!」と思うような(笑)

 

近日中にそれを公開できたらいいなと考えております。

いやーwordpressって、ほんと面白いです♪

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です