【空腹時閲覧注意】あの記事が・・・製品化している!!!

Sponsored Link

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

本日、地方の出張から帰ってきまして、妻と子供たちは実家に行っているので

「ウマいラーメンでも食って帰るか!」と、

なかなか行けなかったラーメン屋さんに行こうと企んでました。

 

 

で、お店の前を通ったら満席だったので、「100円ローソン」で時間つぶしにブログのお供のえだまめを買いに行きました。

 

私、以前にこのブログでこんな記事を書いたのですが

「袋ラーメン」のいちばん手を抜いた調理方法!!

 

うわぁ!!!

まさにコレじゃん!!!!!

「鍋を使わないで袋ラーメンを調理」する方法が、そのまま製品になってるじゃあ

あーりませんか!!

 

そう、自宅でこの写メを撮っているということは、ラーメンは食べて帰ってません。

「これ買ってブログ書こう!」

 

大学時代と社員寮に入っていた歴は7年の、独り暮らし時代からの即席ラーメン好きの私は、

この「袋ラーメン新時代の幕開け」とも言える画期的発明をスルーすることはできません。

なるほど、ディテールはこんな感じです。

 

私の人差し指あたりに小さな「通気口」があるのが分かりますでしょうか?

ブログで書いた時の、ラップに楊枝で穴を開けた部分がコレにあたるのですね。

 

調理方法は、もちろん鍋は使わない。

更には「どんぶり」も使わないという謳い文句・・・。どうやら時代はここまできてしまったのですね。

 

 

ここで、「袋ラーメン」好きの私の、

コレが一番ウマい!「マイベスト袋ラーメン・レシピ」を、公開します!

「チャルメラ×タイカレー」!!!

この組み合わせはまさに袋ラーメンのケミストリー(化学反応)!!!

 

今回はレトルトのタイカレーが無かったので、黒カレーというやつを買いました。

チャルメラのホタテの旨みと、タイカレーの甘辛さは絶妙のハーモニーなんです。

 

じゃあ、早速!

 

 

コレを使ってラーメンを作ってみた!!

いきます!

麺入れました!!

下手などんぶりだとラーメンの角がぶつかって底まで入りませんが、そこはやっぱりちゃんと設計されてます。

 

水を入れて、レンジで7分!

水は規定の線より、ちょっと多めに入れます。レトルトカレーを追加するので、味が濃くなりすぎてしまいますから。

 

チーン!!!

手間いらず!!!

 

はい!完成です!!

いえ、これ画像ではマズそうですが(涙)、ちゃんとウマいんです!!

 

私のなかのラーメン・ランキングは、分かり易いところだと

味噌系は「味の時計台」、塩系は「山頭火」、醤油?系では「神座」あたりでしょうか。

 

 

マズそうに見えるのが悔しいので、どうやったら「ラーメンが美味しく見えるか?」をネットで調べましたら、「湯気を加工する」のがいいそうです。

どうでしょう?

ウマそうじゃないですか??

 

夜中にもしこのブログを見ていたら「ラーメン・テロ」じゃないですか?

あ、そうでもないですか。

 

 

でも、ウマいラーメン屋のラーメンのいいんですけど、即席ラーメンは即席ならではのウマさがありますよね。

最近は「日清カップヌードル・リッチ」のシリーズも、なかなかウマい。

※画像引用元・日清公式サイト

ヘタなお店より、スープの旨みが断然あるんですよね。

 

あと、最近食べた「ペヤング背油MAX」も、油ギトギト!で後を引く味ですよ。

※画像引用元サイト

ペヤングって、ペヤングならではの中毒性があるんですよね。背油MAXは、その中毒性が10倍くらいになったような濃厚感がたまりません・・・。

あぁ・・・ウマそう・・・。

 

 

・・・え?

自分のラーメンじゃテロにならないからって、そんな画像出してきてズルい?

 

はい、図星です(笑)

 

 

そんなところで、

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

Sponsored Link

1 個のコメント

  • パパさん、こんにちは!
    パパさんの明るく楽しい投稿を、いつも楽しく拝見しています。

    タコさんウィンナーのお話も、ちょっと衝撃で。笑
    前、道端に3つ程落ちていて…
    何でこんな所にタコさんウィンナーが落ちてるんだろう??
    誰か弁当から落とした??いやいやいや、何で??

    と、不思議に感じた事を思い出しました!笑
    まさかザクロのお花だったとは!
    とてもスッキリしました。

    今回の投稿も、ちょっと衝撃でした!笑
    このラーメンの容器、ひょっとして100円ですか!?
    気になります!

    今後も、楽しい投稿待っています

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です