「袋ラーメン」のいちばん手を抜いた調理方法!!

Sponsored Link

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

お正月、みなさまごゆっくりお過ごしでしょうか?

 

ちなみに、この「不倫パパのぐうたらブログ」のほうで最近やたら読まれている記事がありまして、

「年末年始」の不倫男の気持ち

 

↑これなんですが、まあ約三年前の記事をあらためて読んでみましたら・・・

これから書こうと思っていたことと、やってることが同じでした(涙)

 

 

で、私は仕事で家族は帰省中なのですが、連日インスタントラーメンを食べてます。

・・・一人暮らしの大学時代と同じ食生活(涙)

いい中年のオッサンなのに、我ながらアホな人やなと思います。

 

ならば、

この「袋ラーメン」を、いかに「手を抜いて」調理してやるか、

そこを追及することに、このお正月の成果を見出そうと思います。

 

 

「袋ラーメン」のいちばん「ぐうたら」な作り方!

さて、

ではいかにぐうたらに、とことん手を抜いて「袋ラーメン」を調理できるか、

レッツ・クッキング!!

 

で、

さっそくググってみました。

 

鍋を使わないで袋麺を調理?するよ

※引用元・ごはん速報

 

読んでみると、どんぶりに麺と熱湯を入れ、フタをして3分待って、さらにお湯を捨てて熱湯を入れて・・・と

全然、「ぐうたら」な作り方ではない!!

もうすでに、お湯を沸騰させるのが手間が掛かってる!!

 

ですので、以下にいちばんぐうたらな、手を抜いた「袋ラーメンの調理方法」をお伝えします!

 

①どんぶりに麺と水を入れる

②どんぶりにラップをかける

③7分半レンジでチンする

④スープのたれを入れる

 

以上!これで鍋も使わずに、お湯も沸かさずに、いちばん手を抜いて「袋ラーメン」のできあがりです!

 

せっかくなので、本日の夜食を作りながらやってみましょう!

 

 

①どんぶりに麺と水を入れる

袋から麺を出して、そのままどんぶりに水を注ぎます。

 

 

②どんぶりにラップをかける

かけます。

 

ここで一つポイントです。

このままだとレンジで温め中にラップが切れるので「通気口」が必要です。

ただプスプスと穴を開けるだけだと、その穴からも温め中にラップが切れます。

 

ですので、

分かりますでしょうか?

セロテープを貼って、そのセロテープに穴を開けて通気口を作ります。

三か所くらいでいいと思います。

 

 

③7分半レンジでチンする

レンジに入れます。

 

7分半にセットします。

何回か時間を変えて食べましたが、この7分半というくらいが麺が固からず柔らかからずという、ちょうどいいあんばいだと私は思います。

 

④スープのたれを入れる

麺ができました!

普通です。

 

で、たれを入れます。

あとはかき混ぜれば、なんらお鍋で調理したのと変わらないインスタントラーメンの出来上がり!

 

 

で、そうですね、

私はちょっとトッピングでも入れようかなと思いまして。

 

 

最近お肉ばっかり食べてて、海の幸を味わってないなあと。

海老とかイカとか、鯨なんかも入れて贅沢な「シーフードヌードル」にしてみてもいいかなあ。

 

ちょうどいいのがありました。

 

 

娘のオヤツの「おっとっと」がありました。

これでちょっと寂しい「袋ラーメン」の彩りになるでしょう。

 

 

おお、

おっとっとが麺と同化して、まったく彩りになってません(涙)

 

ですので、ちょっとラーメンどんぶり柄を付けておいしく見えるようにしてみました!

 

え?

おいしそうに見えない?

 

 

私もそう思います!

でも食べたらおいしゅうございました。

 

 

 

そんなこんなで、「袋ラーメン」のいちばん手を抜いた調理方法、

もちろん、明日も残りのラーメンをこれで作って食べます。

 

来年はいいかげん、正月は「おせち」を食べたいな!(涙)

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です