不倫パパの「お盆休み」

Sponsored Link

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

 

皆さま、夏休みを楽しんでおりますか?

このお盆、帰省されてお子様とご実家でしばらくお過ごしされる方もいらっしゃることでしょう。

 

 

我が家も、妻と娘たちは実家に帰って

私は数日間、カップラーメン食べたり夜菓子をしたりブログ書いたり、独身気分を満喫・・・

って基本的にやってること変わりませんが(涙)

 

 

本日、私もお盆休みでして

しばらく実家に帰っていないので、お盆らしく里帰りをしました。

 

 

まあ、

そんな中年男性のありふれた一日でしたが、お暇な方はお付き合いくださいませ(笑)

 

 

30数年生きてきて、こんなの初めて見ました。

unten (3)

さて、

今日はけっこうな時間を運転しなければならないので、昨夜はブログはいじりたいけどいじらず、

できる限り早めに寝まして、早めの出発です。

 

 

私の家と、妻の実家と、私の実家は、それぞれ都道府県が離れていますが

まだ高速道路も空いていてよかった。

 

 

妻の両親に手土産を購入して、向こうの実家で数時間過ごし、早々に私の実家に向かおうとおもっていたところ・・・

 

(※虫嫌いな方は、次の画像は閲覧注意です)

「パパー!虫こわい!」

実家の庭で遊んでいた下の娘がキャーキャー言ってまして、どれどれ・・・

 

ん・・・?

虫というか、抜け殻?

 

kamakiri

わかるでしょうか?

珍しいことに「カマキリの抜け殻」を発見しました!

 

私、30数年間生きてきまして、カマキリの抜け殻を見たのは初めてでした!

「○○○ちゃん、これってけっこうめずらし・・・」

 

あ、もういません(涙)

 

 

そして

お昼ご飯も食べないうちに、早々に妻の実家を後にします。

結局、抜け殻の感動と、その実家の持つ田舎パワーのすごさを理解できたのは私だけでした・・・

 

 

 

犬が増えてました。

 

さてさて、

今度はだいだいだいぶ久しぶりに、私の実家に向かいます。

 

 

「おなかへったー!まーだー!?」

走って、走って、走って、走って・・・

 

 

ようやく到着しました。

 

 

dog-1060964_640

私の実家では、母がボケ防止!と言って今は「パピヨン」を飼っています。

 

「パピコー!!」

と、娘たち二人で近づきますが、

 

ペロペロペロー!!

とても人懐こいパピヨンのペロペロカウンターで

 

「うわぁ!なめたー!!(涙)」

と、返り討ちにされていました。

 

 

すると、さらにそこに・・・

dog-177705_640

「アウアウアウーーーー!」

と、もう一匹どこからともなく謎の「ヨークシャーテリア」が登場!!

 

 

「おうーーー!○○(不倫パパ)!!」

聞き覚えのあるこの声は、・・・私の「兄」家族も実家にいました。

 

 

「○○(不倫パパ)を驚かせようと思って内緒にしといた!ガハハ!!」

・・・父さん、なぜかドヤ顔(涙)

 

 

謎のヨークシャーテリアは、兄たち家族で飼っている犬でした。

そんなわけで兄とは5~6年ぶりくらい、「不倫パパ一族」が集うお食事会になりました。

 

おしゃれ食器_3-640x414

で、まあ

実家の料理はやたらたくさんでてくるもので(笑)

運転で飲めない私をきにせず、酒豪一族のうちの家系は、飲めや食えやで

 

 

「パパー、うちは犬飼っちゃだめなの?」

「そうだなーちゃんとお世話するってお約束できるなら・・・」

 

「ちょっと、犬飼うならちゃんと考えなよ!」

「お世話するする言って、○○(不倫パパ)は最初しかしなかったからな!ガハハ!!」

 

 

・・・父と母の前では、何も言い返せません(涙)

 

 

しばらくして、兄夫婦の子供たちとウチの娘たちが、一緒に犬と遊び始めました。

もう兄夫婦の子供は中学生と高学年生でしたが、ちゃんと娘たちをみて遊んでくれてました。

 

 

 

そして、久しぶりに兄夫婦たちと私たち夫婦で話してました。

 

「女の子は、大きくなるとどんどん大変だよ~」

「お金もかかるしね」

 

「もうLINEもしてるし、それでクラスでトークのグループでいじめみたいなのもあるしね」

「え~!スマホ持たせたくないけど、持ってなかったらいじめすら気づかないってこと?」

 

 

兄たちと、そんな会話をしているのも

不思議なものだなと。

 

 

ずっと遠くから見ていた上の娘が、隠れるようにしながら私に近づいてきて

耳元で言いました。

 

「大人たちの話って分からないから、早く帰りたい・・・」

ああ、そうか、

私も昔、小さいころは親戚一同の集まりがあったときに、同じこと父に言ってたっけな。

 

 

かけがえのないリレーの選手。

そんな楽しい時間は過ぎ、

再度、妻の実家に皆をおいて、私はまた一人で車帰らなくてはなりません(涙)

 

 

夕方過ぎになり、妻の実家へまた戻ってきました。

 

 

私だけ先に部屋まで荷物を運びに行きました。

その時、一匹だけ車の中に「蚊」が入ってきたらしかったが、妻は「ちゃんと仕留めておいたよ!」と言っていました。

 

 

「パパー、またねー!!」

と、妻の実家を後にしてしばらく一般道を走ってましたが

・・・蚊が一匹いる!

プーンと一匹、フロントガラスを横切るように飛んでいるではありませんか!

 

コイツとこれから数時間、血を吸われながら運転するのはイヤじゃ!

 

unten (2)

運転中でしたが、「見える・・・敵が見える!!」

仕留めました!!

 

 

なんてことをしながら、高速道路を走りながら一人考えていました。

unten (1)

久しぶりに帰った実家の、私が以前に暮らしていた部屋から見た景色も

なにか小さくなっていたように感じて。

 

一緒に過ごしてきた兄と、またこうして子供を連れて話をして。

 

もちろん、それだけ時間が過ぎ去っていっているのですけども、

なにか私自身が過ぎ去っていくように感じるんですよね。

 

 

 

 

私たち人間は、悠久の時間の流れの中にほんの一瞬だけ存在するものなのかもしれません。

 

 

そうして、次の世代に遺伝子の火種が手渡されていく。

つまり、私が今をこうして生きているということは、私の父と母から、そして私たちから娘たちへと

命の炎のバトンタッチをしていること。

 

 

オリンピックじゃないですけど、

私たち親というのは、次の命を灯すためのかけがえのない選手の一人。

 

 

未来に向かって、ちゃんと今を走っていかなければいけないなと

感じました。

 

 

 

 

・・・でしめようと思ってたのですが、

 

お風呂に入り、よっしゃーこれからの時間は「あなたさまのブログ」ご希望の方たちのお部屋を作れるぞ!と

「プルルルル・・・」

電話?

 

妻からでして、下の娘が家に帰りたいと泣きわめき、今地元の駅に着いたと・・・

え?

お迎えですか?

 

 

ごめんなさい、お部屋はもう少しお待ちになられてください(涙)

 

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

 

 

Sponsored Link

5 件のコメント

  • パパさん、おはようございます!

    お盆休み、お疲れ様でした(*^^*)

    実家に帰省するって、ちょっと憧れだったりします!

    僕の実家は車で5分のところで、奥さんの実家(今はないけど)も同じ町内なので、帰省って感覚じゃなかったですねf(^^;

    その点は、うちの子供たちはちょっと可哀想っていうか、味気ない夏休みなのかなぁって思いますf(^^;

    もう少し夏休みは続きますが、夏バテしないように気をつけて過ごして下さい!

    • ガオパパさん
      コメントありがとうございます。

      私の実家はまだ車で数時間かければ行けるのですが、祖父母の家はこれまた遠く遠くにあり(涙)
      私が小学生の時は、夏休みに新幹線で帰省するのが恒例でした。
      もちろん、飼い犬も一緒に手作りバスケットの中で連れていってました(笑)

      田舎は自然が綺麗なところで、サンショウウオやタガメ、ミズカマキリなんかが捕まえられたり、また大きな畑でトウモロコシをむいでその場で焼きトウモロコシを犬と一緒に食べたりして。

      ガオパパさんはお近いですから、そんな帰省への憧れもありますよね。
      でも現実は
      「まだつかないの~!」とか
      「きもちわるい・・・」とか
      渋滞なんかにハマった時はそれこそ最悪で、車内の雰囲気も悪い悪い(涙)
      渋滞用のDVDは、三枚は帰省前に必ず用意しておきます(笑)

      さすがに今の実家はそこまで大自然の思い出を作れるような場所ではないですし、できること、やれることは限られてしまいますが
      子ども達が大きくなって「私達が小さい頃の夏休みは・・・」って想い出が語れるような体験をさせてあげたいものですね。

      是非また覗きに来てください。

  • パパさん♪

    また忙しい日常に戻られましたでしょうか?

    お盆休み、都会の方は渋滞で大変でしょうが、
    私の住む地方は渋滞には縁がないのと、実家はお隣の県なのであまり特別感がないですね(^_^;)
    親戚での集まりにも、今回はタイミングが合わなかったので参加しませんでした。

    休みの前半は、最近アウトドアに目覚めた旦那くんがキャンプをする!というので、我が家はキャンプデビューしました。
    日頃、家事はしない旦那くんに家の外では活躍してもらいましたよ(^O^)/
    もちろん、私も手伝いましたが。。。
    どうやら楽しかったらしく、子供たちが付き合ってくれる間はアウトドアにハマりそうです(^_^;)

    お盆休み中に帰省する彼に会いたかったのですが、
    結局会えませんでした。
    彼にしたら、結婚して初めて迎えるお盆なので、無理もないですね。
    余計なことを考えさせて申し訳なかったと謝りました。

    実は冗談半分で年内に1回会えれば。。。なんて思ってたのですが、今年も半分以上過ぎて1回も会えず。
    もしかしたら会えずに終わってしまうかもしれません(;_;)
    気持ちの立て直しに時間がかかりそうです。

    とりあえず今は残りわずかの夏休みの母親業頑張ります
    (*^^*)

    8月も折り返しましたが、まだまだ暑い日が続くので、
    パパさん、くれぐれもご自愛くださいね♪

    • きこさん
      コメントありがとうございます。

      キャンプも楽しそうですね!
      我が家もやりたいと思っているのですが、まだ下の娘には鉄板でお肉を焼いたりという作業はあぶなっかしく(涙)

      もう少し成長してからの楽しみにとっておきます。

      それほど都会に住んでいるわけではないのですが(笑)、家でゲームやDVDはいつでもできるので、色々な体験をさせてあげたいてすね。

      また覗きに来てください。

  • はじめまして。
    独身の頃に、既婚男性を翻弄して楽しんでいた悪い女です。
    今は、衝撃的出会いののち、幸せ夫婦してます!!

    独身で暇を持て余していたころ(本当に好きな相手に出会っていない頃ともいう)は、ただただ刺激が欲しくて、手に入らないようなもどかしさや背徳感がたまらなかった。

    でもどこかでいつも冷めていて・・物足りなさを感じていた。

    ある日突然ある人に出会った。変わりました。今まで、本気で男性を愛したことが一度もなかったと痛感しました。刺激なんかどうでもよくなった。

    不倫パパさん、もしまだ浮気や不倫をしているなら・・今のお相手のこと、ぶっちゃけ愛してないと思う。運命の相手じゃないし本気じゃないよ。居心地がいいだけじゃない?いつか・・・本当に愛せる女性に出会えるかはわからないけど、きっとそのときあなたも私のように、その人以外どうでもよくなっちゃうかも・・

    それだけ。それでは。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です