「夫婦愛」について

Sponsored Link

 

先日、私の友人の出産予定日が近づいてきたので

近くのショッピングセンターにお祝いの品を買いに行きました。

 

 

 

子供たちを園に預け、妻と二人で某有名ベビー用品売り場に向かい

ちょうど店員のおねえさんがいたので、

 

新生児用のお祝いの品はどのへんにありますか?

と聞いてみました。

 

「ありがとうございますぅ~!

男の子ですかぁ?女の子ですかぁ?」

と、とても明るく、なんとなくきゃりーぱみゅぱみゅのような雰囲気の元気な人です。

 

 

「女の子です」

と答えると、

「女の子かわいいですよねぇ?

私も女の子欲しいんですぅ!」

とてもフレンドリーな良い対応でした。

 

案内されて、ちょうど良さそうな肌着と靴下の箱入りのもの、またおもちゃを数点を選びました。

 

それと私たちの下の娘の夏服を数点買おうと、レジへ向かいました。

 

先ほどの案内してくれたおねえさんがレジにおり、

「ありがとうございますぅ~!」

「こちらもお祝いの品ですかぁ?」

下の娘用に買おうとした洋服もプレゼントだと思ったようで

 

「これは娘のなので、そのままでいいです」

と答えたところ、

「そうなんですかぁ?お二人はずっとカップルだと思ってましたぁ!」

と、満面の笑みで言われました。

 

 

 

裏表のないとても素敵な店員さんでしたが、管理者の側からは

ちょっとあぶなっかしい場面もあるかもしれないと・・・(笑)

 

なんにせよ良い買い物ができました。

 

 

私達夫婦は、私が30代前半、妻が20代後半

二人とも童顔ときていますので、実年齢よりも若く見られます。

 

 

妻と結婚し、子供が二人おり、それなりに夫婦生活も年月が経っていますが

どうしてカップルに見えるんだろうか?

と疑問がわきました。

 

別に付き合いたてのカップルのようにイチャイチャするわけでももちろんなく

手を繋いで歩くという事もありません。

 

それから外で見かけるカップルや夫婦、お子さんのいる家族を

なんとなく眺めるようになりました。

 

 

 

そこで感じたのは、

たとえ若そうな二人であっても、

なんとなく夫婦っぽいな

お子さんはいるけど、二人で歩いてたら

カップルに見えるな

 

というように、本当に勝手な判断ですし、そんな目で見られていたら

私も気分は良くないのですが・・・

 

夫婦なのかそうでないのかで、なんとなく雰囲気が違うと感じました。

 

 

上手くはいえないのですが、

二人の間の空気というか、

ちょっとした仕草や表情がそう感じさせるというか。

当たっているかどうかはわかりません。

 

感覚です。

 

 

もちろんご年配の二人ほど、長く連れ添っているのだろうというのが感じられたり。

 

私達夫婦を見てカップルと言った店員のお姉さんは

若く見えますねというご機嫌取りで言ったわけではなく、

その空気が感じられなかったのだと思いました。

 

 

 

夫婦というのは不思議なものです。

 

 

子供は親を選べず、生まれながらに親が決まっています。

 

それに対し、夫婦は自分の相手は「自分の意志」で選ぶ事ができます。

私は、夫婦の愛についてよく考えた事は

ありません。

 

 

ただ自分の都合のいいように考えると

夫婦の愛は一時的な恋愛感情ではなく、長い年月をかけて育まれるもの。

 

たとえば不倫のように、ひと時の激しい恋愛感情は、愛を芽生えさせることもあるでしょう。

 

長い間の中には、楽しい事、辛い事、我慢する事

そこを自分が望むような方向に早送りして進めることは無理です。

 

以前のブログ記事で、性欲について書いた事がありました。

不倫は何歳までできるのか?

今思うのは、愛は欲ではなく「素直な思い」だと感じます。

 

 

素直な思いは、欲が無くなったとき、枯れたときにこそ見えてくる気がします。

 

欲は真実を見誤らせ、狂わせます。

夫婦愛というのが何なのか、私が老人になったとき

それまで二人が夫婦でいられたらわかる事なのかもしれません。

 

 

私は妻と、

どんなふうになりたいのだろうか。

焦らずに、過ごしていこうと思います。

 

Sponsored Link

1 個のコメント

  • 1. 無題
    以前からブログ見させていただきました。自分は気になる記事を日々探すのが日課です!あ、読者申請してもいいですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です