「プラトニック不倫でも賠償命令」について

Sponsored Link

 

不倫に興味のある方は、最近のこの記事を目にされたかもしれません。

 

「プラトニック不倫」でも賠償命令

 

※引用元・【関西の議論】より

内容を要約致しますと、

 

○不貞行為のないプラトニックな不倫だったが、夫と不倫した女性に44万円の支払いが命じられた

○地裁は「肉体関係は拒んだが逢瀬を重ねていた為」とし妻の賠償金請求を認めた

 

不貞行為はなくても賠償請求を認めたという、極めて稀なケースのようです。

法律上は体の関係をもったら、不貞行為として認められて慰謝料請求されます。

したがって「やったかどうか」だけがポイントです。

お互いに遊びであった、愛情があったかどうかは全く関係ありません。

やってなければ相手の奥様から慰謝料を要求される危険はなく、また法律的にも不倫とは認められないという見解ではありました。

 

不倫の「定義」という点で考えますと、人それぞれではないかと思います。

 

例えば

配偶者がいながら、他の異性と二人きりで会ったという時点で不倫

配偶者がいながら、他の異性を好きになった時点で不倫

 

これは不倫でなくとも、付き合っているカップルの方が

どこまでが浮気なのか?

という点にも通じると思います。

 

 

 

 

法律的には不貞行為があった場合を不倫とみなし、裁判で離婚できる条件となりますが

 

その法廷離婚原因と言われるものの中には、不貞行為以外には

 

○回復しないような重度の精神病を患ったとき
○婚姻を継続しがたいことが起きたとき

 

というものもあります。

 

 

 

「プラトニック不倫」でも賠償命令のケースからいうと

結婚当初から精神的に不安定な面があり、精神科に通院していたという事

それが夫の不倫が原因で進行し、婚姻を継続しがたい事由として判断されたのだと感じます。

 

以前に、配偶者に不倫や浮気の経験がある場合は

また同じことを繰り返す可能性も危惧され、そうなると婚姻生活の継続が困難であると判断できる場合もあるでしょう。

 

 

また、婚姻前に以前の恋愛経験の中で

相手に裏切られ浮気をされた経験がある場合も、不倫に対して敏感になり、同じような思いをしたくないという気持ちの大きさから

たとえプラトニック不倫であっても賠償請求をする可能性もあるかもしれません。

 

ただ私は、よほどそのようなケースでない場合は

そう簡単に「プラトニック不倫」で配偶者が賠償請求や離婚まで踏み切る事は少ないかと思います。

 

現実問題を考えると、

配偶者になんとか更正してもらいたい

一度くらいなら反省して、二度としないと信じたい

 

離婚に踏み切るには、今後の生活における現実的な経済面なども考えなければなりません。

手続きやそれに関わる時間も大きいでしょう。

 

法的なものでない、不倫の「定義」として考えると、

私はやはり以前の記事でも書きましたが

 

不倫をする男の本音②

 

不倫相手に「努力」、「お金」、「時間」を費やすようになったら

 

たとえプラトニックであったとしても「不倫」ではないかと思います。

気持ちが入っているかどうかというのは、症状にすぎないのかと思います。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です