「セク□スレス」から見る不倫の原因

Sponsored Link

不倫中、浮気中、婚外恋愛中の皆様おはようございます。

不倫パパです。

 

 

 

ちなみに今どきの30代夫婦の「SEXの実像」として、既婚者300人を対象に、30代既婚者の性生活のアンケートがございました。

 

平均的な30代夫婦のセクロス頻度は

「約2週間に1回」

のペースだそうです。

意外に皆様精力的なんですね。とてもビックリしました。

しかし、そのようなデータにも関わらず、セクロスレスになる夫婦も年々増え続けているのだとか。

 

厚生労働省が発表した「男女の生活と意識に関する調査」のデータから、セックスレスの割合は年々増え続けて、2010年では

「5組のうち2組」

がセクロスレスとなっているそうです。

この2つのデータから言えることは、

「30代以降もセクロスをしたいが、夫婦間においてはしたくなくなってくる」

という事でしょう。

 

私たち男の身体構造として、精子は自分の意志とは関係なく製造されますので、何らかの方法によって放出しなければなりません。

 

自慰、風俗、配偶者以外とのセクロス・・・

 

セクロスレスになる過程において不倫・婚外恋愛を行うことは、倫理的議論を別にすると、これもまた当然の流れであるとも言えるのではないでしょうか。

 

 

婚外恋愛のブログを参考に、皆様のご意見も読んでみようと思います。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です