②不倫相手は「お母さんのプロ」ではない。

Sponsored Link

epuron

おそらくですが、

このブログを見ている方で、「新婚さん」はいないと思います(笑)

 

 

もし、もしいらっしゃったらお聞きしたいのですが

まだ新婚生活に浸っている中で、子供が生まれたとたんに奥様が

「私は今日から、お母さん専業になったから。」

と言われたらどうしますか?

 

そんな事言われたら、男はがっかりしないですか?

 

 

でも、女性は本当に大変だと思います。

結婚し、初めての育児に奮闘し、寝る時間も少なく自分の時間も少なく、男たちより色々なものを我慢して

耐えていらっしゃると思います。

 

そこでおしゃれをしたり、お化粧に凝ったりしていると、周りから

「あなたもお母さんになったんだから・・・」

というような事を言われます。

 

 

エステに行ったり、ネイルをやろうものなら

なにか罪悪感のようなものを感じる奥様も、いると思います。

 

知らないうちに「お母さんのプロ」にジョブチェンジしているのでしょう。

 

女であることよりも。

 

 

私は妻に、以前にこんな質問をしました。

「俺と子供と、どっちが大事?」

 

答えは即答です。

「子供に決まってるじゃん(笑)、何言ってんの」

もちろん、私も妻に同様の質問をされたらそう答えるでしょう。

 

 

妻はきっと、

私たち夫婦が恋愛から夫婦愛を育み、子供を持った今では家族愛で結ばれている

というような気持ちでいるのかもしれません。

 

正しいかどうかは、分かりませんが。

 

 

先日、家で私が見たいテレビ番組があったとき、ちょうど子供も見たいアニメがありました。

「子供たちが喧嘩するから、ちょっとアニメ見せてあげて。」

妻のいう通り、私も子供たちのみたいアニメを優先します。

 

どこのご家庭でもよくある、ありふれた光景だと思います。

 

 

私の家庭は、娘二人だからでしょうか、

これから先も、このような感じになり、そしてそれにどんどん拍車がかかっていく気がしてなりません・・・。

 

家に帰ると、娘がいる。

これは嬉しいことなのですが、子供のそばにいるのは

妻ではなく「お母さん」です。

 

熟年夫婦のご家庭では、家に帰りたくない旦那さんもいるそうですね。

それはきっと、家に帰っても疲れた心と体を癒してくれる場所がないのでしょう。

 

 

私が30代の、子育て中の女性に思うのは

母親になったからといって、いくらいい女でありたいと思っていても

忙しい日常のなかで埋没してしまうことのほうが多いように感じます。

 

それどころじゃないという生活ですから・・・。

 

そして私は、一回「お母さんのプロ」になってしまった女性は、なかなか戻ってこられなくなると感じます。

もちろん、子供を必死で育てるのは素晴らしい事です。

 

ですが、家族愛で結ばれていると思っている幸せな家族の姿というのは

「一組の男女」にとっては決して理想的な状態なのか?と疑問も感じます。

 

 

私の相手は、ネイルにも凝ってます。

エステにも通います。

「私は女であって、妻であって、母だから(笑)」

私の相手は、そう笑ってそう言います。

 

 

私の妻との違いは、「お母さんのプロ」ではないという事です。

 

それが良いか、悪いかの問題ではなく

私が好きな相手は、そういう女性です。

 

Sponsored Link

3 件のコメント

  • はじめまして。コメント失礼します。
    検索でこちらのブログに辿りつきました。
    同じくダブル不倫中の主婦ですが、色々と興味深い内容に引きこまれました(^^)

    不倫パパさんのお相手が妻であり母であり女でいられるのは、不倫パパさんと恋愛しているからだと思いますよ。
    女性は恋するとキレイでいられるように努力するものです(^^)

    不倫パパさんの奥さまはお母さんになり、恋愛やトキメキから遠い環境にいるからお母さんのプロに見えるだけであって、きっと外で心惹かれる男性に出会ったら、ガラっと変わると思いますし、そのときの奥様はお母さんのプロではないと思います。なんだか意地悪な言い方になってしまい申し訳ありませんが…(^_^;)

    ただ、不倫パパさんの仰ってることはすごくよく分かります。
    私自身もいつまでも女としてありたいと思っています。彼の前でも、夫の前でも。

    これからも更新楽しみにしております(^^)
    突然、失礼しました。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    私にも夫、子供3人の家族。そして地元の同じ彼がおります。
    この間、仕事で都心に行きまして、彼氏も都心で働いているので 折角のイブだしちょっとでも会えればと思い内緒で買ったプレゼントを持って待ち合わせしました。

    帰ると伝えていた時間は当に過ぎ、仕事が長引いたと連絡しながら彼の仕事が終わるのを待って…。
    1時間がすぎる頃、ようやく現れてカフェデート。
    その時に、彼は私に
    「まともじゃない」
    と言われました。
    まぁ、あんたも言えた義理じゃないだろう?と思いながらも
    「まともだよ~?知らないだけでしょ?!」
    なんて、冗談にもならない会話して10分くらいでその日は別れましたが…(^_^;)

    確かに育児、家事、全てにおいて私自身プロではないです。
    不倫反対派だったのに…
    いつどこでどう転がるかわからないですね…。
    もしこの関係が終わったら、私は家庭内における何かしらのプロに戻るのかしら…と読んでいて考えちゃいました(^_^;)

  • 面白いですね。
    私は社会人であり、母であり、妻であり、女です、がおしゃれにもエステにも興味なくて。
    見た目も中身もおばさんだけど不倫してるよ。
    こういう場合なんだろうね。 仕事と家事が忙しくてストレスで老けまくってる。不倫相手に精神サポートしてもらって頑張ってる。女である。ってなんだろうね。
    男性の求める 女らしさ、ってなんだろう。
    綺麗に着飾ることなんだろうか、見た目をきれいにすることなんだろうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です