①不倫相手は「お母さんのプロ」ではない。

Sponsored Link

okaasan

 

こちらの「不倫パパの【育児】ブログ」、

先日より記事のカテゴリー整理など行い、

さて、妻や娘の事を書いてみようかななんて思ってみると・・・

 

あ、これも

あ、これも

と、色々な事が思い浮かんでしまっています(笑)

 

そんなわけで、つい先日のことなのですが。

 

 

 

私の不倫相手の方には、男の子がいます。

 

そろそろ大きくなってきたので、いつまでも親のことを「パパ」「ママ」と呼ぶのはどうか?という事で

「お父さん」「お母さん」と呼ぼうねと

相手の旦那さんが、子供たちに話したそうです。

 

まあたしかに、

「男の子だったらいつまでも「パパ」「ママ」じゃカッコ悪いしね」と

私は言いました。

 

 

ふとそれを思った時に

女の子はどうなんだろう?

なんて考えました。

 

 

 

その翌日、私は妻に

「そろそろ上の娘も大きくなってきたけど「パパ」「ママ」でいいのかなぁ?」

「女の子だからあまり関係ないかなぁ?」

とアホみたいな質問をしてみました。

 

何言ってんの?

なんて言われると思ったら

 

 

「そうだね。大きくなってから呼び方を変えるのも大変だしね。」

と、意外にも話にノッてくるではありませんか。

 

妻は以前に、

テレビで宇多田ヒカルさんが、母親の事を「ママ」と呼んでいたのに、かなり違和感を覚えたそうです。

 

 

30を過ぎた大人の女が、人前で「ママ」ってと・・・。

 

 

まあ、昔よりも、パパママが普通に使われるようになった気はします。

 

もちろん、それぞれの家庭で違うものでしょうから

どっちが良い悪いではないんだと思いますが。

 

 

ですが、

もし私の相手が、親の事を「うちのママは・・・」なんて呼んでいたら

ちょっとヒク・・・というかガッカリしますね(涙)

 

 

と、娘たちが寝静まった後に、両親が

「オトンとオカン」

「父上と母上」

「ダディとマミー?」

 

どんなふうに呼ばせようかと話が脱線していき、最後は

「本人たちがそう呼ぶようになったら」

という結論で、話が執り行われていたのを知る由はありません。

 

 

まあ、それはいいのですが。

 

 

結局、そうやって夫婦は自分たちを

「夫と妻」から

「お父さんとお母さん」

に定義づけていきます。

 

 

こうやって妻と話した事は、ごく自然なことであり

それぞれの立場にふさわしい一面を持てないようでは、非常識な人になってしまうとも思います。

 

 

ですが、

「夫と妻」になる前は「男と女」であったわけで

子供が出来て、いつのまにかお互いがもう性別など超えてしまって、色気も何にも感じなくなってきていると感じます。

 

もちろん、私も妻に対して

「妻」らしさ、「お母さん」らしさがなくては困ります。

 

 

でも、

それを今までの関係から次のステップに進んだというか、

芋虫がさなぎになり、蝶になるような素晴らしい進化と考えていいのか?というと

どうなんだろうと思ってしまいます。

 

 

もしこのブログを世の中のパパさん達がご閲覧されているとしたら、お聞きしたいのですが

 

奥様が子供が産まれて、

「女」を辞めて

「お母さんのプロ」になりました。

 

 

それは喜ぶべき事でしょうか?

 

それまでの妻は、何だったのでしょうか?

 

 

後日に続きます。

 

Sponsored Link

5 件のコメント

  • こんばんは。不倫パパさん。
    私も不倫4カ月目です(^_^;)
    お互い子供がいるので、自分達の立場をわきまえて、あえて本気にならないようにブレーキをかけています。ホントは好きで好きでたまらないんです。
    今度旅行に行こうと話してます。どこかお勧めの場所ありますか?

    • >あつこさん
      コメントありがとうございます。
      お返事がおそくなり申し訳ありません(涙)

      お気持ちよく分かります。
      私は他人に何と言われようと、この関係において自分で納得できる答えと幸せを見つけようと思っています。
      もしこのブログが、あつこさんの少しでもお役に立てるのなら幸いです。

      ちなみにご旅行でのおススメの場所・・・
      場所というと、正直私は相手と一緒ならどこでも良いと思ってしまうのですが(笑)

      旅行先で一緒にスポーツをしたのがとても楽しかったです。
      もちろん、私の得意なスノボに昔連れて行ったんですけどね。

      どんなに社会的な立場が偉い男であっても、有名人であっても
      結局、恋愛をしていて楽しいと思えるのは、その人本来の魅力があるかどうかだと思います。
      お互いに素になって、心のままに楽しむのが一番だと思います。

      スポーツや、ゲームなんかも楽しいかもしれませんね。
      いい大人が、まるで学生のように・・・(笑)

      でも、結局それが一番重要なのではないかと感じます。

      また覗きに来てください。

  • 欧米では、女性は母になっても母である前に、人間であり女であるという考え方が主流だそうです。男性も然り。

    不倫なんてリスキーなことをしなくても、目の前の相手で恋愛感情を満たせるとしたら、人生の楽しみが増えると思いません?

    • >れいさん
      コメントありがとうございます。

      先月ですが、ネットでこんな記事を見ました。

      「世界中で最も不倫が多い国は…あの「微笑みの国」!?」
      http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150307/Taishu_14216.html

      世界で不倫が多い国とされているのは、統計的には二位にデンマーク、そしてイタリア、フランスと続く欧米諸国のようですね。
      そもそも、ネットでのニュースなんて、どこまで本当かわかりませんが(笑)

      ちなみに、「微笑みの国」というのは「タイ」との事です。

      そもそも、私は馬鹿なので欧米の定義がわかりません・・・
      欧はヨーロッパ?米はアメリカ?海外の先進国をまとめて言う時によく使う言葉くらいの認識しかないもので・・・
      きっと先進国の人ほど目の前の相手で恋愛感情を満すのは難しいのかもしれませんね。

      是非またご教授、宜しくお願いします。

      また覗きに来てください。

  • 先ほど不倫する男性の気持ちが知りたくてネットでこのブログにたどりつきました。
    私は既婚で未婚の男性が好きです。相手も私を好きでいてくれていますが、あなたの幸せを壊せないと言われました。
    関係はプラトニックな関係です。
    途中までいきましたが場所が場所だったため(笑)最後まではできず、遠距離なのでそれから会っていません。最近こちらから連絡をしましたが返事がきません。。彼はどんな心境なのでしょうか。すごく苦しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です