広末涼子さんと佐藤健さんの「不倫疑惑」について

Sponsored Link

不倫中、浮気中、婚外恋愛中の皆様こんばんは。

不倫パパです。

 

 

先月27日発売の「女性セブン」にて、

広末涼子さん(33)と佐藤健さん(24)が不倫していたと報じられていました。

 

 

 

広末涼子さんは2008年にモデルの岡沢高宏さんと離婚し、2010年にキャンドルアーティストのキャンドル・ジュンさんと再婚され、二児のママです。

私は本日、他の週刊誌にも同件が書いてあった記事に目を通しました。

また、テレビでもその報道があった番組を見ました。

 

仕事と育児を両立する広末涼子さん、この疑惑が本当なら「二児の母の衝撃不倫」

さらに相手は人気トップ俳優の佐藤健さんなので、

 

昨年の矢口真里さん以上の大激震が起きそうです。

 

 

 

以前の矢口真里さんの記事でも書きましたが、やはり今回も感じたことは

 

「男よりも女の浮気の方が世間の反応が厳しい」

 

と思いました。

 

 

 

週刊誌の記事には、やはり母親としての広末涼子さんのとった行動は、

いくらご主人であるキャンドル・ジュンさんが被災地に行っていて寂しいとはいえ有り得ない行動

という批判の声が掲載されていました。

 

 

不倫相手である佐藤健さんについては、なにかのテレビ番組で

若手イケメン俳優、華麗なる女性遍歴

以前に噂のあった前田敦子さんや石原さとみさんの名前と共に、芸能界のモテ男というようなタイトルで書かれていたようなものを見ました。

 

 

佐藤健さんは独身ですが、不倫や隠し子の存在を報じられる男性芸能人は少なくありません。

しかしそんなケースであっても芸能界引退の危機までには至っていない人もいます。

 

 

 

そして、これも昨年の話ですが、7月10日の週刊文春にて報じられた

「沢村一樹さん(46)の不倫疑惑」

 

その中のインタビューのコメントにて、

 

「セックスをしたかしてないかは、皆さんの想像にお任せします。
いやもう、したでもいいですよ。バックでしました」

※週刊文春より引用

沢村一樹さんには元モデルの奥様や3人の息子さんがいますが、その堂々とした態度にネットなどの反応は「男らしい」などと悪くはないそうです。

 

 

もともと「エロ男爵」というキャラクターですから受け流されると言いますか、

私は沢村さんの相手女性との関係が、発覚して会えなくなった無念さが十分に伝わり

逆に好感を持ちました。

 

男は自分の遺伝子をたくさん残したい為に多くの女性と肉体関係を結ぼうとする

反対に、女は優秀な遺伝子が欲しいから男性を選りすぐりする

 

そんな言葉も見かけますが、

 

遺伝子なんてキーワードが出てくると、男が理性で浮気をコントロールするのは困難なことのように思えてきます。

 

沢村一樹さんの自叙伝である「サワムラ日記」で、奥様が沢村さんに浮気をする上での「三つの条件」という、とても面白いものがありました。

 

1.決して貢がないこと。
2.必ず1回で終わること。
3.絶対にバレないこと。

 

沢村さんは女好きだとは思いますが、それを理解した上で、なんと寛大な奥様なのだろうと感動してしまいました。

 

女の浮気は悪いが、男の浮気は悪くない。

男の浮気は許されるべきであり、許してやれない女は心が狭い。

 

そんな言葉も見かけましたが、

先に書きました

「男よりも女の浮気の方が世間の反応が厳しい」

 

それもちょっと違うような気がしています。

 

今回の広末涼子さんと佐藤健さんの不倫疑惑に際し、まだ週刊誌ではお互いの事務所は事実を否定しているとだけ書かれていました。

 

私は個人的には広末涼子さんに、疑惑に対する会見をしてもらいたいなと思います。

 

事実がいかにせよ、沢村さんのように堂々として逃げない事が臨まれるような気がします。

相手のせいにして逃げる人は嫌われますし、 潔く受け止める人は好かれる 。

それだけなのかなと感じます。

 

私が学生時代に、たしかヤングジャンプで広末さんのグラビアを見たのが、デビュー当時だったと記憶しています。

 

33歳になられた広末さんも、年の近い同世代としても、とても美しいなと思いました。

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です